Pickup Link!
プロフィール

tino

Author:tino
30代前半のロック好きです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
AdSense

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
FC2アクセス
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
ビューティフル・ソングス~ココロ デ キク ウタ~で一番すきなのはBen Jelenの「Come on」です。
ジェイムス・ブラントやダニエル・パウターの曲が、ヒットしている中、その2曲をはじめとした、最近にこだわらず、いい歌を20曲収録しているコンピレーションです。

ビューティフル・ソングス~ココロ デ キク ウタ~
オムニバス ジェイムス・ブラント
ダニエル・パウター
ドノヴァン・フランケンレイター
ジェイソン・ムラーズ デヴィッド・グレイ
ベン・イェレン
ワーナーミュージック・ジャパン (2006/05/24)


個人的にはエッジの効いた音楽が好きなので、ジェイムス・ブラントやダニエル・パウターのCDを買うつもりはなかったので、このようなオムニバスは、知らないアーティストの曲を知ることができて良いです。

しかし、1曲、心に突き刺さった曲があります。

それは、ベン・イェレン(Ben Jelen)の「Come on」です。

美しいピアノと、澄んだ歌声で、クールな情熱を感じます。

ハードロック好きとしては、名前がなんとなく、Van Halenに似ているし(強引?)、ジャケットの感じが、なんとなく、オランダのポップ・ハード・ロックの貴公子ロビー・バレンタインを髣髴させる面持ちです。(両方のファンから顰蹙ですよね)

Give It All Away
Give It All Away
posted with amazlet on 06.09.29
Ben Jelen
Maverick (2004/04/13)
売り上げランキング: 43,483
おすすめ度の平均: 4.5
4 癒しのメロディ
5 〝純粋さ〟
5 I Love Ben Jelen!!


しかも、マドンナのレーベルからデビューしているとのこと。

アルバムには、「Come on」以外にも、ロックしていても、美しい曲があるとのことなので、ゲット候補に入れておきます。

話を「ビューティフル・ソングス~ココロ デ キク ウタ~」に戻すと、最近話題になった曲に混じって、僕が好きだった、リサ・ローブや、ジュエルの曲も混ざっています。

こういうので、昔の名曲に触れる人が増えるのはいいことですよね。

スポンサーサイト
オムニバス | 【2006-09-29(Fri) 02:36:20】 | Trackback:(0) | Comments:(1)
SEAMOライブ参加@11/8(水) LIQUIDROOM
サイトから先行抽選を申し込んだ、SEAMOのライブ。

無事に当選しました。

11/8(水) 7:00PM開演予定。

場所は初めて生のSEAMOを見た恵比寿のLIQUIDROOM。

あの時は、BEAT CRUSADERSのサポートアクトでしたが、今回はSEAMOとして、登場です。

ビークル最高 2005.06.03

当日は、残業なしで参加したいです。


SEAMO | 【2006-09-28(Thu) 01:54:19】 | Trackback:(1) | Comments:(0)
週刊プレイボーイのSEAMOのインタビュー
9月16日発売の週刊プレイボーイのインタビュー。

「欧米か!」タカアンドトシの後にSEAMOのインタビュー。

最近定番の復活劇風なインタビューです。

契約解除の理由の「天狗」は、鼻高々ではなく、やはりストロングスタイル(海パンと股間の天狗のお面)。諸刃の剣ですね。最初、BENNIE Kとのコラボで、ボクも暑苦しくて、うざいと思いました(笑)。

で、音楽業界的に興味深いのは、当時は、インパクト勝負で天狗になったけど、バッシングの流れです。最初は「天狗はHIP-HOPじゃねえ」。服を着てSEAMOになったら、「あいつは魂を売った!」

バッシングしたもの勝ち?

いいえぴそーとしては、アウェイに強い塾長。
徳島のイベントにいったら、おじいちゃん、おばあちゃんばっかりと。
こういうのって本当に地方ではあるんですね。でも、手を振ってくれたりとか。

「ルパン・ザ・ファイヤー」は、どっちかというと、コラボのインパクト勝負の一過性のヒットで、その後、2回目のMステに出て改めて、「マタアイマショウ」がロングヒットしている中、このヒットに喜ぶと同時に、「以前は海パンで歌っていたのに?」とやや自虐的な塾長。

しかし、みんなに協力してもらい、足でヒットした結果に満足しているようです。

最後はヒットしてモテモテ?質問ですが、なんでもしてくれるといったのに何にもしてもらえず。

ほんとかなあ?



SEAMO | 【2006-09-23(Sat) 14:37:08】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
BUMP OF CHICKENの新作は『人形劇ギルド(A PUPPET SHOW GUILD)』
佐倉出身のロックバンド「BUMP OF CHICKEN(バンプオブチキン)」。

BUMP OF CHICKEN official web site

ある日、TSUTAYAの店内放送で「天体観測」を聴いて、即気に入り、そのあと買ったインディーズ時代のアルバム『THE LIVING DEAD』の「グングニル」のかっこよさと「K」の曲の中に吹き込まれた物語に、感動して、好きなバンドになりました。

THE LIVING DEAD
THE LIVING DEAD
posted with amazlet on 06.09.19
BUMP OF CHICKEN 藤原基央
トイズファクトリー (2004/04/28)
売り上げランキング: 167
おすすめ度の平均: 4.81
5 K
5 おじさんになっても聴ける。
5 バンプに何度、
勇気付けられたことか


今年の3月には2年越しで行きたかったライブに行ってきました。

BUMP OF CHICKEN 2006 TOUR "run rabbit run" 3/4@国立代々木競技場第一体育館

で、本題に入ると、9月14日発売の「Weeklyぴあ」で、彼らの新作のインタビュー記事がありました。

9月20日に発売されるDVD『人形劇ギルド』がについて、ヴォーカルの藤原基央くんやメンバーが語っています。

BUMP OF CHICKEN
トイズファクトリー (2006/09/20)


『人形劇ギルド』はアルバム『ユグドラシル』の4曲目「ギルド」にインスパイアされて製作された人形劇で、音楽と字幕のみで、無音声の映像となっています。

炭鉱夫とその娘の物語で、ラストシーンに「ギルド」が流れるとのこと。

楽曲「ギルド」はミドルテンポで、優しい曲調で、人間と仕事について、歌っています。最後に炭鉱夫をイメージさせる鉄を打ったSEが入っています。

『人形劇ギルド』は、元々は『ユグドラシル』の再活性のためにPVをとるという企画から始まった人形劇ですが、その勢いで「ギルド」のPVも作ったそうです。でも、そのPVは『人形劇ギルド』には入っていないそうです。残念。

インタビューでは、メンバーが、藤原さんに誕生プレゼントでもらった楽器を演奏しているということで、メンバー同士のリレーションシップを感じるとともに、まさか、このようなことを計算して楽器をプレゼントした?とか、想像しちゃいます。もちろん、気持ちが最初でしょうけど。

今、彼らは、バンドで音楽を作っているということで、「カルマ/supernova」以来の彼ららしい音楽を期待しています。

BUMP OF CHICKEN | 【2006-09-20(Wed) 00:43:31】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
BENNIE K ザ・ローリングストーンズの代表曲「(I Can't Get No) Satisfaction」をカヴァー!!
最近、ヒップホップ系は、すっかりSEAMOにはまって、ご無沙汰なBENNIE K。

しかし、ニュースで気になる記事を発見。

BENNIE K ザ・ローリングストーンズのあの名曲をカヴァー!! (2006.09.15)

au by KDDIの CMソングで、The Rolling Stones(ザ・ローリング・ストーンズ)の「(I Can't Get No) Satisfaction」のカバーを披露するそうです。

11月8日発売の以下のリンク先のシングルのカップリングになるそうです。

タイトル未定
タイトル未定
posted with amazlet on 06.09.18
BENNIE K
フォーライフミュージックエンタテインメント (2006/11/08)


また、9月16日から着うたが先行配信開始です。

BENNIE KのCMソングというと、やっぱり、コカコーラのCMで話題になり、シングル化まで発展した「Dreamland」を思い出させますね。

【日記過去記事】BENNIE K(ベニーケー)のコカ・コーラCMソングが(2005.03.27)


BENNIE K | 【2006-09-18(Mon) 03:57:15】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
the band apart サードアルバム「alfred and cavity」10月4日発売
10月9日にライブに行くジャズ・ロック・バンド「the band apart(バンアパ)」。

不勉強なことにライブのチケットを「ローソン・チケット」のエルアンコールで見かけて、何も考えずに購入しまして、先日の記事を書いたときに改めて、検索して、ニューアルバムの発売を知りました。

なお、バンアパとの出会いや、2ndアルバム「Quake and Brook」について触れた記事はこちら。

TINO的ヘビー・ローテーション「quake and brook」 the band apart (2005.06.04)

で、3rdアルバム。

▼すでに、Amazon.co.jpで、予約受付しています。

alfred and cavity
alfred and cavity
posted with amazlet on 06.09.18
band apart
インディペンデントレーベル (2006/10/04)

昨年のマイ・ベスト2アルバムであった「Quake and Brook」越えができるか?




the band apart | 【2006-09-18(Mon) 03:33:31】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
New iPod シリーズにジェラシー
iPodの新製品発表で、新しいラインナップが増えたり機能が大幅に強化される度に、ちょっとさびしい気持ちを味わう方も多いと思います。

そして、9月13日にまたもやそのような思いを味わう人が、多発したと思われます。

自分は、去年、iPod mini(6GB)を最初に買ったのですが、その後、iPod nanoが出て、iPod miniは生産終了になり、寂しい思いをしました。

そして、今年のGWに、iPod 5G(60GB)を購入し、しばらくは余裕でしょうと思いましたが、今回発表されたのiPodは、「ギャップレス再生」やゲーム、動画再生の機能向上が図られています。(一応、5Gもファームウェアのアップで機能向上はできるようですが、、、)

ここで、impressのAV Watchの記事のリンクを。

アップル、ゲームやギャップレス再生に対応した新iPod
アップル、5色アルミボディ/24時間駆動の新iPod nano
アップル、世界最小のプレーヤー「新iPod shuffle」

nanoは、かつてのiPod miniと同様のアルミボディーの5色カラーになり、shuffleは、アルミボディーでスタイリッシュに変貌しました。


▼iPod 80GBはすでに発売中です。

Apple iPod 80GB ホワイト MA448J/A
アップルコンピュータ (2006/09/13)


▼iPod nano 8GBは黒を用意して発売中

Apple iPod nano 8GB ブラック MA497J/A
アップルコンピュータ (2006/09/13)



▼iPod shuffleは10/20発売予定。Amazon.co.jpで予約受付中

Apple iPod shuffle 1GB MA564J/A
アップルコンピュータ (2006/10/20)



iPod/音楽プレイヤー | 【2006-09-17(Sun) 05:18:49】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
フリーライブ「蓮沼」@日比谷野外音楽堂9/23(土)
9/14発売の「Weeklyぴあ」の記事で、フリーライブの記事が。

「蓮沼」というタイトルで、99年から代々木公園等で開催されたそうです。入場料無料で。

昨年は、東京ビッグサイトで、シークレット・ゲストとして、解散したPOTSHOTや氣志團が登場して、盛り上がったそうです。

で、今年は、

詳細は→蓮沼-HASUNUMA-

9月23日(土) 日比谷野外音楽堂
11:30開場/12:00開演

参加面子がすごい。

ANA
BaseBallBear
B-DASH
DEPAPEPE
フジファブリック
メレンゲ
ミドリカワ書房
NIRGILIS
No Regret Life
シュノーケル
スカポンタス
TRICERATOPS
WALKABOUT

そして、サプライズゲストも出る?

ちなみに、ライブを見たことがあるのが以下の3バンドです。

シュノーケル(DOPING-FUJI-SCHOOLに行く)
フジファブリック(DOPING-FUJI-SCHOOLに行く)
WALKABOUT(LOOSELY "life a novel TOUR" FINAL)

ちなみに、今日買ったぴあを会場に持参すると、先着20名にぴあオリジナル・チョークバッグをプレゼントしてくれるそうです。

最近、土日に早く起きれない(夜型になっている)ので、12時からは厳しいですが、チャレンジしてみようと思います。




ライブ | 【2006-09-14(Thu) 01:25:53】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
ART-SCHOOLのニューシングル(アルバム?)「Missing」のボーナスDVDで2006年5月27日のライブ映像収録
ふと立ち寄ったレコード屋で、目にしたART-SCHOOLの新作「Missing」。

こちらの初回限定盤に、僕も参加した5月27日のSHIBUYA-AXのライブ映像が収録されています。

Missing(初回限定盤)(DVD付) Missing(初回限定盤)(DVD付)
ART-SCHOOL (2006/09/06)
ポニーキャニオン

この商品の詳細を見る


収録曲は下記の4曲。

・BLACK SUNSHINE
・スカーレット
・あと10秒で
・FADE TO BLACK

うまい下手を超えた、迫力のあるライブです。

そして、いまさらながら、木下サンのギターはフライングVだったのですね(汗)。

そして、1曲目に入っている、「フリージア」のビデオクリップ。

焚き火しながら演奏するホームレス風のメンバーと、女子高生の対比がいいです。

なお、「Missing」は、新曲「Missing」と「それは愛じゃない」に加えて、再活動直後のアルバム「スカーレット」と「LOST IN THE AIR」をまとめた作品です。

感想はまた後ほどアップする予定です。

ART-SCHOOL | 【2006-09-12(Tue) 01:43:18】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
SEAMO - Live Goes On Tour決定!!
「マタアイマショウ」、「ルパン・ザ・ファイヤー」と来て、ニューアルバム発売を控えて、いよいよブレイクしてきている名古屋のラッパー「SEAMO(シーモ)」。

マネージャーである塾長スタッフさんのブログに、ツアー決定の記事が。

【Live Goes On Tour決定!!】

先行予約はこちら

ツアー初日が東京・恵比寿のLIQUIDROOMです。
平日水曜日ですが、とりあえず、予約してみました。

ツアー二日目は、土曜日に大阪、そしてファイナルは日曜日のクリスマスイブに塾長の地元名古屋と、がんばれば、地方もいけるけど、そこまでは根性ないかな。

いけたら良いです。

【関連記事】
SEAMOと山本太郎 (2006.09.08):NHKのトップランナーに出演したときの感想です。

SEAMO | 【2006-09-12(Tue) 00:36:50】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
今後のライブ参加予定
一歩ずれたといいながら、宇多田ヒカルのライブに行ったというメジャーな記事がいきなり続いたので、今後のライブ参加予定を記しておきます。

■10月9日 the band apart
3rd album"alfred and cavity"release live "SMOOTH LIKE BUTTER TOUR"
10.09 品川Stellar Ball
guest/SLOTH LOVE CHUNKS

チケット買ったときは気がつかなかったけど、ニューアルバムの発売記念ツアーだったんですね(汗)。

alfred and cavity alfred and cavity
band apart (2006/10/04)
インディペンデントレーベル

この商品の詳細を見る


■11月19日 Caravan
Caravan ONE-MAN LIVE “港のキャラバン”
11/19(sun) 横浜BLITZ


ライブ | 【2006-09-11(Mon) 18:36:22】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
UTADA UNITED 2006@9/10 代々木競技場第一体育館
UTADA UNITED 2006


宇多田ヒカルの6年ぶりのツアーのファイナルに参加してきました。

その前のツアーのときに、幕張の千葉マリンスタジアムで、当時飛ぶ鳥を落とす彼女のライブは、会場の開放感もあり、よいライブでした。

今回は、宇多田ヒカル/UTADA名義で、従来の宇多田ヒカルと、アメリカでデビューしたUTADAのユナイテッドなライブでした。

会場は、代々木体育館。
本来は体育館なので、場所によってはなかなか、ライブを楽しむには厳しい会場ですが、今回は、アリーナのBブロックの右端で、なかなかよい場所でした。

開演は、17時予定で、少し遅れて開始しました。

スクリーンで、ULTRA BLUEのイメージのヒッキーが映され、盛り上がる。
事前に、旦那のキリヤ氏の演出ということを聞いていて、彼のキャシャーンな映像美も興味のポイントです。(ちなみに、このスクリーンの仕組みは、6月の浜崎あゆみの仕組みと同じような感じで、そのときはステージ横なので、見づらかったですが、今回前方でよく見れました。)

そして、本人登場。最初、白と黒でメイドのような衣装かと思いましたがよく見ると羽がいっぱいついていました。あえて言うなら、ハイランドの貴族の娘のような衣装ですね(?)。

アリーナの人たち、ほぼ総立ちで、ずっと続きました。

1曲目の「Passion」は地味で、宇多田さんの声も演奏に埋もれていて、もっとすごいのに、このレベルじゃないと思いましたが、盛り上がりのある「This is Love」から、メドレー風に入る「Traveling」、「Movin'on without you」の流れががイイ。

特に、「Movin'on without you」の演奏が小さくなる箇所でのヒッキーの歌声は最高でした。

「SAKURAドロップス」の桜の映像はとってもきれい。

(余談ですが、arpの「桜」も、このセットでやれば、すごいのをできるんじゃないかと思いました。いい、映像チーム持っているし)

チェロをバックにした曲や、「誰かの願いが叶うころ」のメッセージ性の強い映像も心に残りました。

ヒッキーの調子は、ツアー・ファイナルだからだと思うのですが、時たま高音が辛いところがあり、ちょっと、残念でしたが、一生懸命、盛り上げようと、オーディエンスともコミュニケートするところなど、よい部分がいっぱいありました。

MCでは、ツアーがSMAPとかぶるので、5人の彼らに負けないぞと、宣言。ちなみに、帰りに、千駄ヶ谷で、SMAPのライブ帰りの人が大量に乗車していました。神宮球場でやったんでしょうね。

アンコールは、「Automatic」と「光」。

「Automatic」は、ヒッキーにあわせ、みんな拳をあげていました。

ツアーメンバーで気がついたのは、コーラスがいない。
多分、アルバムで録音した本人のコーラスを流しているのでしょう。

最後、名残惜しそうに、挨拶するヒッキー。すべてのスタッフ(120人?!)と写真撮ったエピソードとか。

全体的には、また、聞きたい!と思わせるライブでした。

帰りのアリーナは規制退場していないので、なかなか進まなかったのが残念。

場外のテントのグッズコーナーで、記念に、ノート&クリア・ファイルセットと、小さいストラップを買ってみました。

UTADA UNITED 2006 ストラップ

UTADA UNITED 2006 ノート&クリアファイル


帰りは、表参道と明治通りがクロスするGAPのビルの3Fにある「PizzaExpress(ピッツァエクスプレス)」へ。

前から行きたいと思っていたのですが、ようやく行けました。

感想は、日記ブログのPizzaExpress(ピッツァエクスプレス)@原宿はお勧めのピザ・レストランですにアップしています。

宇多田ヒカル | 【2006-09-11(Mon) 01:45:31】 | Trackback:(2) | Comments:(2)
「ダイノジ」おおちがエアギター世界一
夕方、宇多田ヒカルのライブに行く前に、mixiにログインしたら、「エアギター まさかの世界一に」の文字が。

こちらにニュースのっています。
おおち エアギター世界一

芸人コンビ、ダイノジのおおちが、フィンランドのエアギター大会で、1位になったという内容でした。

しかし、1ヶ月前にはじめたというのと、賞品が透明ギターというのが、エアギターのポジションっぽい、微妙さが良いです。

ダイノジは、Weeklyぴあの読書コーナーで、夏でも虎のセーターで暑苦しさを演出していて、印象に残りやすい人たちでした。

【9/18追記】「エアギターで人生を変えよう」:NHK つながるテレビ@ヒューマン9/16放送でおおち出演とエアギターで人生を変えた大学生紹介




未分類 | 【2006-09-10(Sun) 14:05:32】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
宇多田ヒカルのツアーファイナル参加予定

9月10日の日曜日、代々木体育館で宇多田ヒカルのツアーファイナルに参加予定です。




楽しみです。




宇多田ヒカル

ULTRA BLUE




宇多田ヒカル

Passion(DVD付)




宇多田ヒカル | 【2006-09-10(Sun) 13:54:28】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
musicino誕生
お気に入りの音楽の紹介やライブレポートなどを中心とした音楽生活を記すブログです。

こちらのブログから、音楽関連の情報を、切り出して、記事をアップしていく予定です。

90年代はヘビーメタル/ハードロック系が好きで、最近はパンクを中心とした日本のロックバンドが好きです。また、BENNIE KやSEAMOなどのヒップホップ系のアーティストもお気に入りです。

よろしくお願いします。





BENNIE K, Mine-Chang, m-flo, SiZK

Japana-rhythm


~


BENNIE K, BENNIE K with アルファ, アルファ, DJ SUZUKI, BENNIE K with Blaise Plant, Blaise Plant, BENNIE K with TSUYOSHI, TSUYOSHI, BENNIE K with GIPPER, GIPPER

ザ・ベニーケー・ショウ~on the floor編~






SEAMO, Naoki Takada, Shintaro “Growth” Izutsu, Takahito Eguchi, SEAMO feat.RYUTA&Mountaineer Chef, RYUTA, Mountaineer Chef, Hiroto Suzuki

マタアイマショウ




ブログ | 【2006-09-10(Sun) 13:46:37】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
ブログ内検索(Google)
カスタム検索
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
AdSense 2
広告
RSS登録用
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。